☆トレンドNEWS王国☆

最新のトレンドニュースをお届けするサイトです!
国内、国外、政治経済、芸能まで扱っていきます!

    タグ:W杯


    オールールドと呼ばれていたことがある。現在では、キウイズ(Kiwis)と呼ばれて親しまれている。 常に高い勝率を誇ってきたオールブラックスだが、その一方、1日のうちに2敗を喫するという記録も残している。1949年にオールブラックスが南アフリカへ遠征している最中に、オー
    25キロバイト (2,160 語) - 2019年9月29日 (日) 15:50



    (出典 rugby.city.yokohama.lg.jp)


    やっぱり強いですね!

    1 THE FURYφ ★ :2019/10/03(木) 01:16:37.91 ID:iVYV8VO89.net

    「ラグビーW杯・1次リーグB組、ニュージーランド63-0カナダ」(2日、昭和電工ドーム大分)

    前人未踏のW杯3連覇を目指す世界ランク1位のニュージーランドが今大会最多の9トライ、63点の猛攻で、
    同22位のカナダに圧勝。開幕から2連勝で、勝ち点を9に伸ばした。

    開始早々に敵陣深く侵入すると、スクラムを押し込んで認定トライであっさり先制。初戦の南アフリカ戦から
    先発11人を入れ替えて臨んだが、FW、BK一体となった流れるような攻撃でトライの山を築いた。そろって
    先発したバレット3兄弟がW杯で史上初となる兄弟全員でのトライも決めるなど、終わってみれば、9トライで
    今大会最多となる63点をたたき出し、完封のおまけまで付く完勝劇だった。

    ハンセン監督は「試合について「とてもいいゲームだった。特に後半の前半はよく組織し、あの本当に難しい
    コンディションでゲームをコントロールしてくれた」と満足そうにうなずいた。

    一方で湿気の高ささからボールが滑り、オールブラックスとは思えないハンドリングミスが目立つ場面もあったが、
    「母国の皆さんはなぜ何回もボールを落とす場面があったのかといぶかるかもしれないが、湿気は信じられないくらいの
    ひどさだった」と指揮官も慣れない気候にこばしてみせた。

    リード主将も「みんなそう感じたと思う。キックオフ直後から汗だくだった。今後もこういう状況での試合が
    続くはずだから、どうにか克服しなければ」と戸惑いを見せたが、それでいてこの完勝。3連覇への視界は良好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000126-dal-spo


    【【ラグビー/W杯】ニュージーランド、完勝も日本の湿気に戸惑い ハンセン監督「信じられないひどさ」】の続きを読む


    日本、韓国にタイブレークサヨナラ負け/U18詳細 - 高校野球 - 日刊スポーツ
    U18W杯(ワールドカップ)はスーパーラウンド第2日。前日カナダを破り2勝1敗の日本は韓国(1勝2敗)と対戦。日本先発は佐々木朗希投手(3年=大船渡)。1回を…
    (出典:日刊スポーツ)


    WBSC U-18野球ワールドカップ(英語:WBSC U-18 Baseball World Cup )は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催により、隔年で開催される、16歳から18歳の各国・地域代表選手で競われる野球の国際大会である。 旧称は「18U(AAA)世界野球選手権大会」、「18U野球ワールドカップ」。
    20キロバイト (1,855 語) - 2019年9月5日 (木) 00:13



    (出典 baseballgate.jp)


    惜しかった!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/06(金) 22:08:31.59

    日本 0 0 0 0 0 0  2 0 0 2 |4
    韓国 0 0 0 0 0 0  0 2 0 3x|5

     
    【投手】
    (日本)佐々木、西、飯塚、宮城、林、池田- 水上
    (韓国)ソ・ヒョンジュン、イ・ジュヨプ、イ・スンヒョン、チェ・ジュンヨン、ホ・ユンドン- カン・ヒョンウ

    【本塁打】
    (日本)
    (韓国)
         

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/baseball_event/game/2019090583/score?rf=1


    韓国に痛恨逆転サヨナラ負け 佐々木が初回緊急降板…救援陣奮闘もタイブレークで力尽く

     ◇第29回WBSC U18ワールドカップ スーパーラウンド 日本4―5韓国(2019年9月6日 ドリームボールパーク)

     「第29回WBSC U18ワールドカップ」は6日、高校日本代表がスーパーラウンド第2戦で韓国代表と対戦し、初回限りで163キロ右腕の佐々木(大船渡)が緊急降板するアクシデント。急きょマウンドに上がった2番手の西(創志学園)らが奮闘を見せたが、終盤に追いつかれて最後はタイブレークの末に敗れた。

     初回に佐々木が右手を気にするそぶりを見せ、この回限りで緊急降板するアクシデント。5番・右翼で先発出場していた西が2回から急きょマウンドに上がった。西は最速150キロの直球をコーナーに投げ分け、韓国打線を5回まで無失点。6回は飯塚(習志野)が三者凡退に抑えた。

     打線は韓国先発のソ・ヒョンジュンに苦戦し、6回まで3安打で無得点。それでも7回に2死一、二塁の好機をつくり、代打・熊田(東邦)が一、二塁間を破る先制適時打を放って先制。熊田の一打で均衡を破ると、水上(明石商)も中前に落ちる執念の適時打で続き2―0とした。

     7回まで無失点リレーを続けていた日本だが、8回に宮城(興南)が1死二、三塁のピンチ。4番のチャン・ジェヨンから空振り三振を奪ったが、続くナム・ジミンの打ち取った打球を三塁手の石川(東邦)が一塁へ痛恨の悪送球。ピンチを切り抜けたかに思われたが、2―2の同点に追いつかれた。

     試合は延長タイブレークに突入し、延長10回1死二、三塁から武岡(八戸学院光星)が右越えに2点適時打を放ってリード。しかし裏の守備で左腕の林(近江)が無死一、二塁から犠打を一塁へ悪送球して1点差に。さらに池田(智弁和歌山)が押し出し四球と犠飛を許し、痛恨の逆転サヨナラ負けを喫した。

    9/6(金) 21:39配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000235-spnannex-base

    ★1が立った日時:2019/09/06(金) 21:38:58.85

    前スレ
    【野球】U18W杯 スーパーラウンド 日本 4-5x 韓国 延長10回タイブレーク韓国にサヨナラ負け ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567774190/


    【【野球・U-18W杯】 日本 4-5x 韓国 延長10回タイブレーク韓国にサヨナラ負け】の続きを読む


    ^ 崖っぷちバスケ男子を変えた八村、渡辺、ファジーカス は日本版ドリームチームだデイリースポーツ2019年2月25日 ^ 八村塁、渡邊雄太にファジーカス。日本バスケの最強布陣の実力は?NumberWeb2019年8月9日 ^ “バスケットボール男女日本代表チーム ニックネーム決定”. JBA
    28キロバイト (2,871 語) - 2019年9月5日 (木) 13:28



    (出典 www.ehime-np.co.jp)


    お疲れ様でした!世界とのレベルの差を感じさせられました・・・。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/06(金) 03:41:46.19 ID:wRDaGzUS9.net

    First Round - Group E

    日 本 | 9 |14| 8 |14|=45
    アメリカ|23|33|28|14|=98

    http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/game/0409/USA-Japan

    日本、“NBA軍団”アメリカに大敗…1次ラウンド3連敗で順位決定戦へ

     9月5日に中国の上海で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第3戦が行われ、日本代表(FIBAランキング48位)がアメリカ代表(同1位)と対戦した。

     2連敗で順位決定戦に進むことが決まっている日本は、篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)、馬場雄大(アルバルク東京)、渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)、ニック・ファジーカス(川崎)の5人が先発。ワールドカップ(世界選手権)で5度の優勝を誇り、大会2連覇中のアメリカは、ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ)、ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス)、マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)がスターティングファイブに名を連ねた。

     第1クォーターはウォーカーにバスケットカウント、ミッチェルに3ポイントを許すなど、序盤から走られて0-13のラン。同4分40秒に渡邊が2本のフリースローを決め、ようやく初得点をマークした。残り4分17秒にファジーカスが初のフィールドゴールを記録し、直後に安藤誓哉(A東京)、竹内公輔(宇都宮ブレックス)が今大会初出場。メイソン・プラムリー(デンバー・ナゲッツ)のアリウープダンクなどで失点を重ねる中、渡邊のジャンプショット、田中大貴(A東京)の3ポイントがあり、9-23で最初の10分間を終了した。

     続く第2クォーターも相手に圧倒されるが、比江島慎(宇都宮)のジャンプショット、馬場の3ポイントで加点。中盤以降は比江島や馬場が積極的に仕掛け、残り3分6秒の時点で21-46まで迫った。アメリカのタイムアウト後、ジェイレン・ブラウン(セルティックス)のダンク、ミッチェルの3ポイントなどで失点。23-56と33点差で試合を折り返した。

     第3クォーターは開始1分33秒に馬場が得点を決めたものの、シュートが決まらず猛攻に遭う展開。27-73で迎えた残り5分4秒、八村が田中のアシストからこの日自身初得点となるワンハンドダンクを叩きこんだ。安藤周人(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)を投入してスモールラインナップで対抗。一歩も引かない相手に対し、31-84と点差を広げられた。

     第4クォーターも相手の強さ、速さ、うまさに押される時間帯が続き、渡邊がフリースローで何とか得点を挙げるが、点差を広げられる。シェーファーアヴィ幸樹(滋賀レイクスターズ)もコートに送りこむと、試合終了残り4分45秒に馬場のドライブで36-96。放ったシュートはリングに嫌われたり、ブロックに遭ったりして得点につながらない中、馬場が気迫のプレーを見せて反撃。それでも、最終スコア45-98で完敗を喫した。

    9/5(木) 23:05配信 バスケットボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00188592-bballk-spo

    ★1が立った日時:2019/09/05(木) 23:05:32.95

    前スレ
    【バスケットW杯】1次ラウンド 日本 45-98 アメリカ 日本代表、アメリカにダブルスコアの大敗 3連敗で1次ラウンドを終える
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567692338/


    【【バスケットW杯】1次ラウンド 日本 45-98 アメリカ 日本代表、アメリカにダブルスコアの大敗 3連敗で1次ラウンドを終える】の続きを読む


    ^ 崖っぷちバスケ男子を変えた八村、渡辺、ファジーカス は日本版ドリームチームだデイリースポーツ2019年2月25日 ^ 八村塁、渡邊雄太にファジーカス。日本バスケの最強布陣の実力は?NumberWeb2019年8月9日 ^ “バスケットボール男女日本代表チーム ニックネーム決定”. JBA
    28キロバイト (2,915 語) - 2019年8月25日 (日) 10:32



    (出典 images.keizai.biz)


    んーまだ噛み合ってない感じですかね?

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/03(火) 19:16:59.94

    First Round - Group E

    日 本|18|22|15|21|=76
    チェコ|18|27|19|25|=89

    http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/game/0209/Japan-Czech-Republic


    【【バスケットボール W杯】1次ラウンド 日本 76-89 チェコ 日本、チェコに敗れ1次ラウンド2連敗】の続きを読む

    このページのトップヘ