☆トレンドNEWS王国☆

最新のトレンドニュースをお届けするサイトです!
国内、国外、政治経済、芸能まで扱っていきます!

    タグ:代表


    【8月27日】世界最大のミスコンテスト ミス・ワールド・ジャパン 2019 日本代表決定!日本大会史上最年少の日本代表! 世良 マリカ(16歳) - PR TIMES
    一般社団法人ミス・ワールド・ジャパン(理事長:大橋一陽)は、 8月27日(火)に日本代表選考会をANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催し、ミス・ワールド2019世界 ...
    (出典:PR TIMES)


    世界四大ミスコンテストとしては、ミス・ユニバース、ミスワールドミス・インターナショナル、ミス・アースが挙げられる。詳細は関連項目参照。 世界初の美人コンテストは、1888年9月16日にベルギーのスパで開催されたコンクール・ド・ボーテだといわれている。応募者数は3
    24キロバイト (2,607 語) - 2019年5月8日 (水) 06:51



    (出典 www.sankei.com)


    高校生で代表とはすごいですね!

    1 muffin ★ :2019/08/27(火) 18:55:37.89 ID:OqRsvt3l9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2143139/full/
    2019-08-27 16:36

    世界3大ミスコンテストの中で最も歴史が長い美の祭典『ミス・ワールド2019世界大会』に出場する日本代表を決める『ミス・ワールド2019日本大会』が27日、都内で開催され、日本代表には神奈川県出身の高校2年・世良マリカさん(せら・まりか/16)さんが選ばれた。1951年から始まる同ミスコンで、16歳は日本代表の史上最年少記録となった。

    最後の自己PRスピーチで世良さんは「日本の魅力を世界に発信するだけでなく、世界のできごとを日本に、そして世界の課題を世界に発信してまいります。世界中の人々に『自分にできることは何か』を考えてもらうきっかけを作ることで、社会の発展に貢献してまいります」と話した。そして「10年後、いや5年後に『選んでよかった』と思わせます。世界で活躍できるのは私です」と宣言していた。

    現在は芸能事務所に所属し、モデルとして活動を初めて約1年。「将来、モデルとしての発信力を生かして、世界にいろいろな問題を伝えたいです」と夢を語った。憧れの存在を聞かれ「小さいころからローラさんが大好き。インスタグラムで世界の環境について発信している。私も発信力のあるモデルになりたいです」と目標とする人物を口にした。

    1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われ、今年で69回目を迎える同ミスコンは「目的ある美」がスローガン。応募総数8415人。この日行われた選考会では、満16歳以上28歳以下の日本国籍を有する未婚女性の中から選ばれたファイナリスト30人が集結。“品格”“知性”“タレント性”そして“美しさ”を競う審査会を経て、日本代表が決定した。

     グランドファイナルは11月20日から12月14日までの間、イギリス・ロンドンで開催される。

    ■プロフィール
    名前:世良マリカ
    出身地:神奈川
    年齢:16歳
    身長:159センチ
    職業:高校2年生


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    準ミス・ワールト2019日本代表 岩瀬まいらさん

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    準ミス・ワールト2019日本代表 矢部みゆきさん

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    準ミス・ワールト2019日本代表 坂入みずきさん

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【ミス・ワールド2019】日本代表に『世良マリカ』さん 最年少16歳の現役高校生が栄冠!】の続きを読む


    野口 啓代(のぐち あきよ、1989年5月30日 - )は、茨城県龍ケ崎市出身の日本のフリークライマー。 東洋大学附属牛久高等学校を卒業、東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科を中退。身長:165cm、体重:49kg。 2000年、小学校5年生の夏に家族旅行で訪れたグアム島のゲームセンターでフ
    16キロバイト (1,690 語) - 2019年8月17日 (土) 06:58



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    メダルにも期待できますね!

    1 シャチ ★ :2019/08/20(火) 22:05:48.22 ID:NeRZnvhA9.net

     スポーツクライミングの世界選手権第9日は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で女子複合の決勝があり、野口啓代(30)=TEAM au=が日本選手トップの2位となった。日本山岳・スポーツクライミング協会の選考基準を満たし、来年の東京五輪代表に内定した。東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミングの日本代表第1号となった。

     8人で争った決勝には野口を含めて日本選手4人が出場。22歳の野中生萌(みほう)=XFLAG=が5位、15歳の森秋彩(あい)=茨城県連盟=が6位、17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が7位だった。7位以内の日本勢最上位が今大会での代表内定条件だった。

     東京五輪では、登る速さを競う「スピード」、登り切った課題の数を争う「ボルダリング」、登った高さで勝負する「リード」の3種目の総合成績で競う複合が実施される。各国・地域とも出場枠は男女各最大2人。



    8/20(火) 20:36配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000094-mai-spo
    画像 女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【クライミング・野口啓代】世界選手権複合で2位で五輪代表内定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ