☆トレンドNEWS王国☆

最新のトレンドニュースをお届けするサイトです!
国内、国外、政治経済、芸能まで扱っていきます!

    カテゴリ: 研究


    事実なら衝撃! ヴィーガン生活でIQ低くなる? 妊婦は特に注意! - Onlineジャーニー - ジャーニー
    ロンドンで毎週発行している情報誌「週刊ジャーニー」のオンライン版。イベント情報やTVガイド、エッセイ、コラム、日本・英国のニュースなどを発信します。UK Todayの『偏食 ...
    (出典:ジャーニー)


    ヴィーガン協会は卵や乳製品の摂取にも反対していた。1951年、ヴィーガン協会は「ヴィーガニズム」の定義を拡大し、「人間は動物を搾取することなく生きるべきだという主義」の意味だとした。1960年、H・ジェイ・ディンシャーはアメリカ・ヴィーガン協会を設立し、ヴィーガ
    124キロバイト (14,949 語) - 2019年9月10日 (火) 11:01



    (出典 lourand.com)


    何事もバランスが大事ってことですねw

    1 樽悶 ★ :2019/09/11(水) 17:16:30.00

    ■ 肉、魚、卵、乳製品などをやめ、植物性の食材だけを食べてヘルシーな生活を送る「ヴィーガン・ダイエット」。著名なセレブリティらが挑戦し、体重も落ちやすいことから女性の間でトレンドとなっている。本紙6ページでもヴィーガン食品が急増中とお知らせしたばかりだが、ヴィーガン生活では成長期の脳の発達に必要な栄養素が足りず、IQが低くなる危険性がある、という衝撃的な発表があった。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じている。

    栄養士のエマ・ダービシャー博士によると、完全菜食主義の食生活は、脳の発達に必要不可欠な栄養素「コリン」の大量欠乏を招くという。そのため、成長期の子どもや10代の若者はもちろん、妊娠時における胎児の脳の成長に必要な栄養分が不足する結果、生まれてくる赤ちゃんのIQが低下してしまう恐れがあるとされている。 コリンは肝臓でも生産されるものの、その産出量は十分でないため、とくにヴィーガン・ダイエットに取り組んでいる妊娠中や妊活中の女性は、サプリメントなどでコリンを摂取する必要があるという。 消費者調査会社「Kantar Worldpanel」が、過去2年間における英国人の肉の摂取量を調査したところ、21%も減少していたことが判明。また英国人家庭の10%が「ときどき」ベジタリアン、5%がベジタリアン、1%がヴィーガンであることも分かった。

    Onlineジャーニー 2019年09月10日
    https://www.japanjournals.com/uk-today/13481-190910-2.html


    【【調査】事実なら衝撃!? ヴィーガン生活でIQ低くなる? 妊婦は特に注意!】の続きを読む


    日本は収入、教育などで最下位。外国人が「住みたい、働きたい」国ランキング - Business Insider Japan
    英金融大手HSBCが毎年行っている海外駐在員の生活調査レポートを発表。外国人にとって住むにも働くにも素晴らしい環境がそろう国ランキングのなかで、日本は33カ国 ...
    (出典:Business Insider Japan)


    今の日本の現状ですねw

    1 ばーど ★ :2019/09/04(水) 17:11:04.72 ID:LQQpZo439.net

    英金融大手HSBCが毎年行っている海外駐在員の生活調査レポートを発表。外国人にとって住むにも働くにも素晴らしい環境がそろう国ランキングのなかで、日本は33カ国中32位だった(ただし、調査に必要な最低サンプル数を満たした国・地域だけがランキングの対象)。

    【全画像をみる】日本は収入、教育などで最下位。外国人が「住みたい、働きたい」国ランキング

    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    (出典 assets.media-platform.com)


    日本の分野別評価は以下の通り。

    総合ランキングでは32位の日本だが、暮らし部門全体では15位と、さほど悪くない。

    日本に住む外国人駐在員にとって厳しいのは仕事や子育てで、「収入」「ワークライフバランス」と、子どもの「友だちづくり」「教育」はいずれもほぼ最下位となっている。多くの日本人にとって、正直、何となくそうだろうなと思える結果ではないだろうか。
    .
    ■スペイン、トルコ、ベトナムがトップ10入り

    総合ランキングは以下の通り。まずは1位から10位まで。

    1位はスイス。前年の8位から一気にトップに躍り出た。HSBCのレポートによると、スイスへの海外駐在員の実に82%が「生活の質が改善された」と答えており、とくに「清潔で快適な環境」を評価する声が多かった。

    また、スイスの駐在員の平均年収は11万1587ドル(約1190万円)と、世界平均の7万5966ドル(約800万円)を大きく上回った。条件別に見ると、スイスは「収入」「経済的安定」のほか「政治的安定」「教育」で1位を獲得した。

    ※省略

    ■次に、11位から30位まで。

    ミドルランクにはあまり大きな順位の変動はなかっただけに、その分、バーレーン(5位→11位)とスウェーデン(7位→20位)が大きく順位を落としたのが目立った。

    バーレーンは「成長の可能性」「ワークライフバランス」で1位、「収入」や「生活の質」などでも5位以内と経済面や仕事面で恵まれているものの、「心身の健康」「経済的安定性」ではワースト5位以内と、生活や仕事に安定性を欠くと感じる駐在員が多かったようだ。

    大躍進したのはポーランド(25位→13位)。

    日本と似ているが、「コミュニティの文化度と受容性」(29位)「定着の容易さ」(27位)、子どもの「友だちづくり」(26位)がいずれも最下位に近く、いまだに閉鎖性が高い社会とみられるが、生活の「充実感」では2位、仕事部門全体でも2位と、戦後日本のような成長過程の活気が社会に満ちていることが想像される。
    .
    最下位グループはブラジル、日本、インドネシア

    ■最後に、日本を含む31位~33位。

    日本とブラジルは2018年のランキングでもこの最下位グループにいた。

    インドネシアは33カ国中最大のランクダウン(13位→31位)を記録。子育て部門全体で30位、「経済的安定」(26位)「ワークライフバランス」(24位)「政治的安定」(32位)「定着の容易さ」(30位)「生活の質」(32位)と、政情不安あるいは社会的混乱を感じる数字が並んだ。

    5月には大統領選での現職ウィドド・ジョコ氏の再選をめぐってデモ隊と警察の衝突が起こり、大統領の求心力が下がるなか、8月末にはジャワ島にある首都ジャカルタをカリマンタン島に移す大計画を発表。ほぼ同時に、2032年にオリンピックを誘致する考えも明らかにしており、外国人駐在員にとっては、文字通り先の読めない状況ということではないか。

    なお、HSBCの生活調査は同社が英調査会社YouGovに委託して行ったもので、世界各地に住む18歳以上の外国人駐在員1万8059人が対象。HSBCの顧客のみならず、SNS等を経由してさまざまなコミュニティから協力者を募った。

    ただし、同一国・地域から100人以上の調査サンプルが得られなかった場合はランキングから除外した。2019年の調査では、100カ国・地域以上の駐在員に質問を送ったうち、100人以上の回答が得られたのがランキング掲載の33カ国・地域だった。

    9/4(水) 17:01
    BUSINESS INSIDER JAPAN
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00000001-binsiderl-bus_all&p=1


    【【国際調査】日本は収入、教育などで最下位 外国人が「住みたい働きたい」国ランキング 海外駐在員の生活調査】の続きを読む


    日本の大学 理系論文数、頭打ち 4位→11位 研究費競争裏目に:政治(TOKYO Web) - 東京新聞
    日本の大学の理系論文数が、政府による研究予算の抑制や競争原理拡大と軌を一にして2000年ごろから伸びが止まり、20年近く頭打ちの状態になっていることが分かった ...
    (出典:東京新聞)


    論文や修士論文では提出後に発表会や公聴会が開かれ、執筆者による口頭発表の後に、合否の判定が行われることが多い。博士論文では、通常、提出後の口頭試問(英: defence)や語学試験が必須で、論文と併せて合否が判定される。卒業論文では研究の内容や独自性のような価値を重視するよりも、研究論文
    17キロバイト (2,118 語) - 2019年8月15日 (木) 04:40



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    論文数にランク付けあったんですねw

    1 ばーど ★ :2019/09/08(日) 12:22:02.85

    日本の大学の理系論文数が、政府による研究予算の抑制や競争原理拡大と軌を一にして2000年ごろから伸びが止まり、20年近く頭打ちの状態になっていることが分かった。世界では米国や中国の論文数が飛躍的に伸びており、質の高い論文数を示す国別世界ランキングで日本は00年の4位から16年は11位に低下。研究活性化策として導入した競争原理の拡大が奏功しなかった形で、政策に疑問の声も出ている。

    共同通信が文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)の論文数に関するデータや総務省の科学技術研究調査を基に比較した。

    1986~99年度は、国公私立大などの研究費が各年度平均4.40%増、論文数は年平均5.47%増だった。だが研究費が99年度に前年割れし、その後横ばいになると論文数もほぼ同時に伸びが止まった。00~16年度は研究費が平均0.72%増、論文は同0.07%減。特に人件費は研究費全体より低い0.67%増にとどまった。任期付きの不安定な研究職が増え、研究環境が悪化したと指摘する専門家もいる。

    政府は競争原理などで効率を上げれば研究を促せるとして、複数の学者が応募、獲得を競う「競争的資金」の拡大に01年以後取り組んだが、論文数ではもくろみが外れた。

    2019年9月8日 東京新聞朝刊
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201909/CK2019090802000126.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    ★1が立った時間 2019/09/08(日) 09:45:20.22
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567903520/


    【【論文】日本の大学 理系論文数、頭打ち 世界ランキング4位→11位に低下 政府の研究費競争裏目に】の続きを読む


    どうして男性は女性に口論で勝てないのか - Sputnik Japan
    医学系の研究機関として有名なカロリンスカ研究所(スウェーデン)のチームが、男性には女性を言い負かすことはほぼ不可能だという研究結果を発表した。女性の方が男性 ...
    (出典:Sputnik Japan)


    研究結果が発表されました!
    女性の記憶力はすごいです!素直に謝るのが早そうですw

    1 樽悶 ★ :2019/09/08(日) 08:48:49.96


    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    医学系の研究機関として有名なカロリンスカ研究所(スウェーデン)のチームが、男性には女性を言い負*ことはほぼ不可能だという研究結果を発表した。女性の方が男性よりもエピソード記憶が優れているというのがその理由で、女性はかつて起きた全ての出来事を、それがいつ起きたか、その出来事の詳細、その時に感じたことや匂いまで覚えている。英紙「デイリーメール」が伝えた。

    ■男性諸君よ 言い負かそうとするのは無駄だ

    研究チームは男性と女性の記憶の特異性を研究するために、1973年から2013年に発行された617本の科学論文を分析した。その結果、女性は人生の出来事を驚くほど記憶していることが明らかになった。

    女性は、具体的な日付や、話の中で相手が言った言葉をすんなりと思い出すし、相手の表情、服装、その時の部屋のインテリアのディテールに至るまで実にこまごまとしたことを覚えている。匂いなどの感覚でさえ、記憶に残っている。したがって、女性との口論で男性が勝利することはほぼ不可能だ。

    ■男性諸君はガッカリする必要はない

    しかし、男性にだって記憶の点で女性に絶対的に勝るものがある。例えば女性は車の鍵をどこにしまったのか素早く思い出せるが、研究で示されているように、男性は方向感覚に優れているので、遠くに駐車した場合そこから戻ってくる道を立ちどころに見つけたり、知らない街や場所でも迷ったりしないのだ。

    2019年09月07日 08:09
    https://jp.sputniknews.com/science/201909076649285/

    ★1:2019/09/07(土) 23:59:22.85
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567874630/


    【【男女問題】どうして男性は女性に口論で勝てないのか?男性諸君よ!言い負かそうとするのは無駄だww】の続きを読む

    このページのトップヘ