☆トレンドNEWS王国☆

最新のトレンドニュースをお届けするサイトです!
国内、国外、政治経済、芸能まで扱っていきます!

    カテゴリ: 車関連


    なお、以下の車種についてはそれぞれの記事を参照のこと。 カローラセレス カローラレビン カローラII カローラFX カローラWRC カローラランクス カローラツーリング カローラスパシオ カローラルミオン カローラスポーツ   1974年に車名別世界生産台数1位、1997年には累計販
    199キロバイト (24,271 語) - 2019年9月17日 (火) 08:19


    かっこいいですね!

    1 ばーど ★ :2019/09/17(火) 19:11:38.44 ID:UiAtR3s99.net

    2019年9月17日 発売
    カローラ:193万6000円~294万8000円
    カローラ ツーリング:201万3000円~299万7500円
    カローラ スポーツ:216万9200円~282万4800円

    「カローラ アクシオ」「カローラ フィールダー」を継続販売
    全長4495mm×全幅1745mm

    トヨタ自動車は9月17日、新型セダン「カローラ」、新型ステーションワゴン「カローラ ツーリング」を発売した。価格はカローラが193万6000円~294万8000円。カローラ ツーリングが201万3000円~299万7500円。また、合わせて同じカローラシリーズのハッチバックモデル「カローラ スポーツ」の一部改良も実施した。価格は216万9200円~282万4800円。なお、それぞれ価格は消費税10%を含むもの。

    カローラは1966年11月に初代モデルが発売されて以降、半世紀以上にわたって生産が続けられているトヨタのロングセラーカー。歴代モデルではセダン以外にもステーションワゴン、ハッチバック、クーペ、ミニバンなどさまざまなボディバリエーションを派生モデルとして生み出し、世界の150以上の国や地域で販売を実施。累計販売台数は4750万台以上を数えている。

    12代目となる新型カローラは、車名を先代まで2世代にわたり使用した「カローラ アクシオ」からカローラのみに変更。同じくステーションワゴンでは車名を「カローラ フィールダー」からカローラ ツーリングに変更した。車両の土台となるプラットフォームには、2015年12月に発売された4代目「プリウス」から本格導入が開始されたトヨタの新しいクルマづくり「TNGA(Toyota New Global Architecture)」から生み出されたグローバル共通プラットフォーム「GA-C」を採用。これを受け、ボディは従来までの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大している。

    なお、先代モデルのカローラ アクシオとカローラ フィールダーも装備の一部見直しなどを行ないつつ、「EX」「EX HYBRID」の2グレードを継続販売する。

    以下ソース先で

    新型「カローラ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    新型「カローラ ツーリング」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    一部改良した「カローラ スポーツ」

    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    (出典 car.watch.impress.co.jp)


    2019年9月17日 13:12
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1207577.html

    ★1が立った時間 2019/09/17(火) 14:50:34.43
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568699434/


    【【TOYOTA】トヨタ、3ナンバー 新型「カローラ」「カローラ ツーリング」発売 1.2リッター直噴ターボ+6速MT車も お値段193〜299万円】の続きを読む


    「マツダ3」不振で不協和音 部品・販売「殿様商売だ」 - 日本経済新聞
    マツダの商品戦略が正念場を迎えている。中堅メーカーとして生き残るため、走り心地やデザインを追求し、価格を上げても独自の価値で売り込む「高級路線」を行く。
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 media.gqjapan.jp)


    コアなファンが多いイメージです。

    1 Toy Soldiers ★ :2019/09/12(木) 19:20:04.96

     マツダの商品戦略が正念場を迎えている。中堅メーカーとして生き残るため、走り心地やデザインを追求し、価格を上げても独自の価値で売り込む「高級路線」を行く。
    だが新たな商品群の第1弾、小型車「マツダ3」は予想外の苦戦を強いられた。「良いクルマ=売れる」と言わんばかりの姿勢に、部品各社や販売店には危機感が広がる。近年は好調だったマツダだが、再び負の局面に転じる岐路に立っている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49569520Z00C19A9962M00/


    【【マツダ】「マツダ3」不振で不協和音】の続きを読む


    BMW(ビーエムダブリュー)、ドイツ語: Bayerische Motoren Werke AG、バイエルン発動機製造株式会社)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカーである。 他にも、英国のロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のカー・ブランドとして所有している。また、BMW
    51キロバイト (5,949 語) - 2019年8月19日 (月) 15:56



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    夜ライトつけないとわからなそうですねw

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/08/30(金) 18:32:47.75 ID:CAP_USER.net

    2019年08月30日 11時30分 公開
    「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、すごすぎる黒すごすぎる (1/2)
    まるで2次元、3次元でも2次元。
    [鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

     独BMWは8月28日(現地時間)、フランクフルトモーターショー2019で「世界で最も黒い黒」を施した超特殊仕様のBMW・X6を披露すると発表しました。


    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/l_ikuma_bmw-x6-vantabla*-001_w590.jpg
    ベンタブラックで塗装された超特別仕様のBMW・X6(写真:BMW、以下同)


     世界で最も黒い黒は、可視光の最大99.965%を吸収する物質「ベンタブラック(Vantabla*)」を使ったSurrey NanoSystems製の特殊塗料「ベンタブラック VBx2」によるもの。光をほぼ反射しないので、凹凸や抑揚があるはずのボディーものっぺりと平面的に、全く違う車種のように見えます。




    (出典 image.itmedia.co.jp)

    (参考)通常カラー仕様のBMW・X6


     同技術は先端宇宙事業向け機材のコーティング用に開発されたそうです。光を吸収することで、太陽光が影響して検出が困難になる遠方*かに光る星や遠くの銀河の観測をしやすくします。

     今回の特殊仕様車に施されたベンタブラック VBx2は建築用途向けに調整されたもの。反射率は1%程度に抑えた仕様ですが、クルマへの採用は同社によると世界初。3次元なのにまるで2次元のべた塗りの絵のように見える唯一の車両、見る人を驚かせること間違いなさそうです。

     ベンタブラック VBx2が今後市販車の通常ボディーカラーオプションになるかどうかについて、Surrey NanoSystemsは「日常使用に十分な耐久性のある自動車用Vantabla* VBx2塗料の開発は、超えるべき技術的課題がある」としつつも、BMWは「もちろん想定している。誰がが選んだのを見たら、自身も選ばずにはいられないだろう」と述べています。


    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/l_ikuma_bmw-x6-vantabla*-003.jpg
    現場で実物を見ても「2次元にしか見えない」そうだ
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/l_ikuma_bmw-x6-vantabla*-002.jpg
    塗装作業の様子
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078.html

    ホントに真っ黒だ……「BMW・X6 ベンタブラック仕様」その他の写真
    次のページへ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078_2.html


    【【高級外車・BMW】「世界で最も黒い黒」真っ黒なBMWがデビュー!】の続きを読む

    このページのトップヘ