Universe)は、マーベル・コミックによって出版されたコミックのキャラクターに基づいて、マーベル・スタジオが製作するシェアード・ユニバース作品。略称は「MCU」。世界で最も大きな興行的成功を収めている映画シリーズであり、2位の『スター・ウォーズ・シリーズ』に大差をつけ世界歴代1位の興行収入を記録している。
127キロバイト (10,213 語) - 2019年8月14日 (水) 10:50



(出典 tamashii.jp)


お金が絡むと色々あるのですねw

1 名無し募集中。。。 :2019/08/21(水) 19:48:31.76 0.net

ディズニーとソニー・ピクチャーズの交渉がまとまらなかったため、今後スパイダーマン映画を
マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが手掛けることはなくなるだろうとDeadlineなどが報じた。
つまり、このままいけばスパイダーマンはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を離脱することになる。

『アイアンマン』(2008)を皮切りに、マーベルコミックスを次々と映画化し、一つの世界観を共有する「MCU」として
世界を席巻する大人気シリーズへと成長させたマーベル・スタジオだが、マーベルはかつて業績不振だった時期に
「スパイダーマン」シリーズの映画化権をソニーに譲り渡していた。
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でスパイダーマンが待望のMCU入りを果たし、『アベンジャーズ』第3弾および第4弾にも登場したほか、
ソニーとマーベル・スタジオが共同で『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)を製作できたのは、
両社が2015年に画期的な提携契約を結んだからだった。

Deadlineによると、ここ数か月間、マーベル・スタジオの親会社であるディズニーと、ソニーのトップが
スパイダーマン映画に関する契約更新について話し合っていたが、金銭面で交渉が決裂してしまったという。
ディズニーは今後のスパイダーマン映画は50/50の共同出資にすることを希望したほか(収益も半々)、
その契約はスパイダーマンユニバースの他の作品にも及びうるという話し合いをもったが、ソニーはこれを断固拒否。
ソニーは自社最大のフランチャイズの半分をディズニーに渡すつもりはないし、ディズニーも現在の契約(マーベルがスパイダーマン映画の興行収入の5%を受け取る)
に甘んじるつもりはないということで、話し合いは暗礁に乗り上げてしまったのだそう。

史上最大のヒット作となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描き、MCUのフェーズ3を締めくくる作品として制作された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は
ソニー史上最高の世界興収を上げており、MCUの利点を最大限に生かした結果といえる。
そのためディズニーが今以上の配分を求めるのも当然なのかもしれないが、そもそもスパイダーマンの商品化権はマーベルにあってその利益も得ているため、
ソニーとしては、ディズニーは多くを要求しすぎているという考えなのだという。

ソニーでは現在、トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ第3弾と第4弾の企画が進められており、契約はまだだがジョン・ワッツ監督が続投する予定。
ディズニーとソニーが妥協点を見つけないかぎり、これらの作品でケヴィン・ファイギが指揮を執ることはできない。
ソニーはファイギが関与することの重要性を理解しながらも、トムとワッツ監督、ファイギと共に製作を務めたエイミー・パスカルもいて
すでにシリーズの土台は出来上がっているため、提携なしでもやっていけると考えているとのこと。

ディズニーおよびマーベル、ソニーはこの件についてコメントしていない。
https://www.cinematoday.jp/news/N0110703


【【スパイダーマン】MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース )離脱へ ディズニーとソニーが交渉決裂!】の続きを読む