☆トレンドNEWS王国☆

最新のトレンドニュースをお届けするサイトです!
国内、国外、政治経済、芸能まで扱っていきます!

    カテゴリ:国内ニュース > 動物関係


    天王寺動物園のアムールトラが急逝 7歳の「虎二郎」 - 朝日新聞
    大阪市の天王寺動物園は16日、14年に中国・上海動物園からやってきた雄のアムールトラ「虎二郎」が死んだと発表した。飼育下の平均寿命は約20~25歳だが、7歳だっ ...
    (出典:朝日新聞)


    大阪市天王寺動物園(おおさかしてんのうじどうぶつえん)は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある大阪市立の動物園。1915年(大正4年)1月1日に開園した、日本で3番目に長い歴史をもつ動物園。面積約11ヘクタールの園内に、約200種1000点の動物が飼育されている都市型総合動物園。通称・天王寺動物園
    29キロバイト (3,803 語) - 2019年9月13日 (金) 09:22



    (出典 www.mytokachi.jp)


    残念です・・・。

    1 みつを ★ :2019/09/16(月) 17:01:20.83 ID:MU3F0gWe9.net

    https://www.asahi.com/articles/ASM9J4J9YM9JPTIL00D.html

    天王寺動物園のアムールトラが急逝 7歳の「虎二郎」
    有料記事
    関宏美
    2019年9月16日16時32分

     大阪市の天王寺動物園は16日、14年に中国・上海動物園からやってきた雄のアムールトラ「虎二郎(こじろう)」が*だと発表した。飼育下の平均寿命は約20~25歳だが、7歳だった。解剖して死因を調べている。

     園によると、16日午前9時20分ごろ、飼育員が運動場に出そうと寝室を訪れたところ、虎二郎がぐったりして動かず、獣医師が死亡を確認した。15日夕には牛肉や鶏肉など計約6キロを食べ、嫌いな生レバーを残すところも含めていつも通りだった。隣の寝室で過ごす「センイチ」(16歳・雄)との仲も良好で、飼育環境の変化や持病、体調不良の兆候もなかったという。

     今西隆和・飼育担当課長は「突…
    残り:147文字/全文:422文字


    【【天王寺動物園】アムールトラ7歳「虎二郎」が急逝 】の続きを読む




    9/14(土) 10:31配信時事通信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000043-jij-pol 
     長野県は14日、同県塩尻市にある県の畜産試験場で家畜伝染病「豚コレラ」に感染した豚が見つかったと発表した。 

     県はこの施設で飼育されている計351頭を殺処分する。 

     県によると、試験場で12日に豚1頭が体調不良の症状を見せたため、検査したところ14頭中8頭から陽性反応が出た。14日朝、国の検査で感染が確定した。 


    豚コレラ(とんコレラ、英: classical swine fever、CSF、hog cholera)は、フラビウイルス科ペスチウイルス属によるブタのウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。ブタ及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染することはない。 ブタコレラ菌ではなく、豚コレラ
    30キロバイト (4,093 語) - 2019年8月10日 (土) 22:52



    (出典 www.mod.go.jp)


    怖いですね・・・。

    1 水星虫 ★ :2019/09/13(金) 19:02:55.02

    秩父市の養豚場で豚コレラ確認

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20190913/1000036056.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    埼玉県によりますと、埼玉県秩父市にある養豚場で飼育している豚が
    豚コレラに感染していたことが確認されたということです。
    埼玉県は、感染拡大を防ぐため豚の処分など速やかに対応を進めるとしています。

    関東地方で、豚コレラの感染が確認されたのは初めてです。

    農林水産省は、山梨県笛吹市の「山梨食肉流通センター」に埼玉県の養豚場から運び込まれた豚が
    豚コレラに感染していることが確認されたと発表しました。
    豚コレラは去年9月に岐阜県内の養豚場で国内で26年ぶりに感染が確認されたあと、
    これまでに愛知や三重、長野などにも拡大していました。

    09/13 18:41


    【【豚コレラ】埼玉県秩父市の養豚場で豚コレラ確認・・・<追記>長野でも感染確認か!?】の続きを読む


    天王寺動物園の「ヒデヨシ」死ぬ けんかで腹刺される - 朝日新聞
    大阪市天王寺区の天王寺動物園は12日、グラントシマウマのヒデヨシ(オス、27歳)が死んだ、と発表した。11日にウシ科のエランド(オス)とけんかになり、角で腹を刺された ...
    (出典:朝日新聞)


    大阪市天王寺動物園(おおさかしてんのうじどうぶつえん)は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある大阪市立の動物園。1915年(大正4年)1月1日に開園した、日本で3番目に長い歴史をもつ動物園。面積約11ヘクタールの園内に、約200種1000点の動物が飼育されている都市型総合動物園。通称・天王寺動物園
    29キロバイト (3,803 語) - 2019年9月13日 (金) 09:22



    (出典 d3nepvjqxpfmgm.cloudfront.net)


    ちょっとしたことでケンカになるんですねw

    1 水星虫 ★ :2019/09/13(金) 18:00:28.35 ID:CVXCUXUJ9.net

    天王寺動物園のシマウマが死亡

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20190913/2000020105.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    大阪の天王寺動物園で、1頭だけ飼育していたシマウマが事故で死にました。

    死亡したのは27歳の雄のグラントシマウマ、「ヒデヨシ」です。
    天王寺動物園によりますと、11日の夕方、「ヒデヨシ」が屋外の展示場から獣舎に戻る際、
    ウシ科のエランドという動物とけんかになり、腹を角で突き刺され、まもなく死亡したということです。
    シマウマとエランドは、どちらもふだんはおとなしい性格で、日中は
    「アフリカサバンナゾーン」という同じ展示場で飼育していましたが、
    11日は雨が降っていたため「ヒデヨシ」が早く獣舎に入ろうとして、小競り合いになったということです。

    「ヒデヨシ」は、広島の動物園で生まれ、平成8年から天王寺動物園で飼育され、9頭の子どもをもうけました。
    動物園の入り口には、「ヒデヨシ」を悼む献花台が設けられ、花束や好物のりんごやにんじんが供えられていました。
    天王寺動物園で飼育していたシマウマは「ヒデヨシ」だけで、園では新しいシマウマを迎えたいとしています。

    天王寺動物園の獣医師の佐野祐介さんは、
    「『ヒデヨシ』は、高齢だったが元気だったので残念だ。シマウマは動物園のシンボルなので、
    近いうちに新しいシマウマを迎えたい」と話していました。

    09/13 17:32


    【【天王寺動物園】シマウマの「ヒデヨシ」、エランドに刺され死ぬ】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)


    その場にいる人にしかわからないこともありますからね!
    その人達も命懸けなわけですし!

    【【北海道・クマ駆除で札幌市に苦情約200件】「山に返せなかったか」「施設に入れられなかったか」などの声多数】の続きを読む

    このページのトップヘ